アットイン レオパレス21 リブマックス
月額¥59,000~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥66,006~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥189,000~

公式
サイト

電話
問合せ

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションは無職でも契約できる?

公開日: |最終更新日時:

マンスリーマンションは無職でも契約できる?

専業主婦や学生など定期的な収入がない方でも、マンスリーマンションに住みたいという思っている方もいるでしょう。ここでは無職の方でもマンスリーマンションの契約ができるかどうかについてまとめました。

マンスリーマンションは無職でも契約可能

無職の場合、一般的な賃貸物件だと契約を断られてしまうケースがほとんどでしょう。それは一般的な賃貸物件だと居住権が発生してしまい、たとえ家賃滞納があっても強制的に追い出す、荷物を出すようなことができないからです。正式な法的手続きが必要になり、数か月程度の時間を要します。裁判など貸主に身体的・精神的にも大きな負担となってしまうので、家賃滞納のリスクが高い無職の人の入居を断るケースが多いのです。

しかしマンスリーマンションなら居住権は発生しません。契約終了時期になれば、理由なく退去させることができます。また利用期間の賃料を前払いさせることができるので、家賃滞納のリスクがありません。つまり前払いで賃料を支払う能力さえあれば、無職でも会社員でも関係ないのです。

職がない状態でもマンスリーマンションを借りるケースとは?

無職であっても、一人暮らしをしなければならないケースは多々あります。ここでは主なケースを紹介していくので、チェックしてみてください。

別居

何らかの原因で、別居を決断する夫婦も少なくありません。専業主婦の方が自宅を離れ、一人暮らしをする場合には、無職で賃貸物件を探さなければならないでしょう。そのときに利用しやすいのがマンスリーマンションなので、マンスリーマンションの契約をするケースも多いのです。

就職前の仮住まい

たとえば地方から都会で就職先を探す場合、毎回就職活動のために遠方から通うのは大変でしょう。そういうケースでもマンスリーマンションが利用されます。マンスリーマンションを契約し、居住エリア近隣で就職活動を行えば、時間的にも身体的にも楽に行えます。

社宅からの退去後の仮住まい

社宅に住んでいる方が退職した場合、社宅からスグに退去しなければなりません。仕事に忙しくしていれば、退職時に新しい住宅が用意できないこともあるでしょう。その際マンスリーマンションを一時的に利用し、じっくりと居住先を検討する方も多くいます。

マンスリーマンションを無職でも契約する方法とは?

無職であってもマンスリーマンションを契約することができますが、しかし必ずしも審査が通るとは限りません。スムーズに入居審査をクリアするために、ポイントを押さえておきましょう。

利用目的を明確にしておく

マンスリーマンションを契約する場合、一番重要になってくることが契約する目的です。目的がハッキリしているほど、入居審査が通りやすくなります。

上記のような目的を提示することが大切です。もちろん嘘をつく必要はないので、なぜ居住したいのか明確にしておきましょう。

身分を証明できるものを用意する

マンスリーマンションは一般的な賃貸マンションよりも入居手続きは簡単です。しかし、ほとんどのマンスリーマンションは身分証が必要になるでしょう。運転免許所やパスポートなどを事前に用意しておけば、入居手続きもスムーズに進みます。

事前に手続きの方法などを確認しておく

マンスリーマンションといっても、契約会社によって手続きの流れや必要な書類などが異なります。そのため手続きの流れや必要な書類、料金などを確認することが大切です。とくにマンスリーマンションは前払いなので、ある程度まとまったお金を準備しておかなければならないため注意しましょう。