アットイン レオパレス21 リブマックス
月額¥59,000~
※価格は、2021年12月の情報です。

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥66,006~
※価格は、2021年12月の情報です。

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥189,000~
※価格は、2021年12月の情報です。

公式
サイト

電話
問合せ

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションの喫煙

公開日: |最終更新日時:

マンスリーマンションの喫煙

一時的な滞在先として便利なマンスリーマンション。備え付けの家具やキッチンもあるので、生活するのに必要なものはひと通りそろっています。快適な生活環境となっていますが、喫煙事情はどうでしょうか。ここでは、マンスリーマンションにおけるタバコ事情についてまとめてみました。

マンスリーマンションでタバコは吸える?

結論から先に言うと、対象となるマンスリーマンションの環境や設備、利用規則によります。禁煙部屋と喫煙部屋が分かれているマンスリーマンションなら、喫煙部屋を利用すればOKです。禁煙部屋しかないマンスリーマンションや、利用規則で喫煙を禁じているマンスリーマンションならタバコはNGとなります。

近年では、喫煙に関する法律の整備が進んできたこともあって、マンスリーマンションでも喫煙についてはさまざまな環境が混在しています。部屋によって喫煙と禁煙を分けている物件のほか、フロアごとに喫煙と禁煙を分けている物件、室内のみ禁煙にしている物件などがあるのです。もちろん、マンション全体が禁煙となっている物件もあります。

基本的に、喫煙の可否に関してはそれぞれのマンスリーマンションのルールに従う必要があります。場合によっては公式サイトや利用規約に喫煙の可否についての記述がない場合もあります。その場合は、実際に利用する前に管理会社に確認をとっておき、勝手に喫煙をしないようにしましょう。

マンスリーマンションでタバコを吸うデメリット

追加費用がかかる

すべてのマンスリーマンションがそうであるとは限りませんが、物件によっては喫煙部屋の利用料金は禁煙部屋よりも高いことがあります。費用を抑えたい場合は禁煙室を利用し、しばらくはタバコを我慢するという手も。

原状回復費用がかかる

マンスリーマンションは、利用期間が終了したら次の利用者のためにきれいな状態に原状回復しておく必要があります。そのため、マンスリーマンションを利用している間にタバコが原因の臭いや染み、あるいは焦げ跡などの汚損・破損があり、なおかつそれが「通常を超えた使用による消耗」や「故意の汚損・破損」であると判断された場合は原状回復費用を要求されることがあるのです。

マンスリーマンションは賃貸のように年単位で過ごすわけではないので、長期間の喫煙で壁紙にタバコのヤニがべっとり……ということはないでしょう。しかし、短時間の喫煙であっても臭いは残りやすいので、タバコは吸わないに越したことはありません。

禁煙の物件で喫煙することによるトラブル

言うまでもないことですが、禁煙のマンスリーマンションでの喫煙は厳禁です。禁煙での物件の喫煙は、さまざまなトラブルの原因となります。

入居後に禁煙指定の場所でタバコを吸うと、当然契約違反となります。そして、管理会社や管理人からの注意を受けたにもかかわらず禁煙区域での喫煙が続けば、悪質な利用者だと判断され、違約金が発生することもあります。加えて、その物件を今後利用することも難しくなるでしょう。

また、タバコは室内の設備や家具などにも影響を及ぼします。タバコの煙による染みや汚れ、タバコの火による焦げ跡などがあれば器物破損とみなされ、賠償金の支払いを求められるかもしれません。禁煙指定の部屋や物件では、決してタバコを吸わないようにしましょう。

マンスリーマンションでタバコを吸う場合の対策

なるべく室内で吸わない

喫煙OKの部屋や物件であっても、万が一のことを考えると室内での喫煙はおすすめできません。タバコを吸うならなるべく喫煙室を利用しましょう。喫煙室がない物件なら屋外で吸ってください。ベランダで吸うという選択肢もありますが、煙が周囲の部屋の窓から流れ込んだり、洗濯物に臭いが着くといったトラブルが予想されるのであまりおすすめしません。また、タバコの灰が下の階に灰が落ちてしまうこともあるので、基本的に室内やベランダでの喫煙は避けたほうが賢明です。

換気扇や空気清浄機のあるところで吸う

タバコを吸うなら、煙が溜まらないように換気扇や空気清浄機のある場所で吸うのがいいでしょう。特に、最近の空気清浄機にはタバコの煙に含まれている臭い成分であるアセトアルデヒドを取り除いてくれるフィルターを装着したものもあります。地方のマンスリーマンションの場合、喫煙OKなのにも関わらず、管理会社は消臭スプレーを撒く程度のケアしかしていないこともあります。そうした場合は、持ち運べるサイズの小型の空気清浄機やオゾンクラスターを持ち込むのが有効でしょう。

こまめな掃除を行う

マンスリーマンションを利用するような短い期間であっても、タバコの臭いはいつの間にか染み付いてしまうものです。そのため、タバコの臭いの染み付きや黄ばみを防ぐためには、こまめな掃除をしましょう。

壁紙や天井を重曹などを利用して拭いておけば、臭いの染み付きや黄ばみを緩和することができるでしょう。そうなれば原状回復費もクリーニング代だけで済み、壁紙の交換などの大掛かりな工事も必要なくなります。

タバコのにおいが気になる方は禁煙室を探そう

短い期間の喫煙ならそれほど影響はないものの、タバコの臭いや黄ばみは時間を重ねていくごとにひどくなっていきます。そのため、喫煙可のマンスリーマンションはたとえ原状回復を行っていても臭いやシミが残っていたり、タバコの臭いや黄ばみを消すためのケアが不十分だったりすることもあります。したがって、タバコの臭いが気になる人は、禁煙室のある物件もしくは全室禁煙のマンスリーマンションを探すといいでしょう。禁煙室と喫煙室が分かれていても、臭いに敏感な人は廊下で喫煙者とすれ違ったり喫煙室や喫煙可のフロアを通りがかっただけで不快な思いをするかもしれないので、最初から全室禁煙のマンスリーマンションを探したほうがいいでしょう。