アットイン レオパレス21 リブマックス
月額¥59,000~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥66,006~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥189,000~

公式
サイト

電話
問合せ

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » サービスアパートメントとは?マンスリーマンションの違いはある?

公開日: |最終更新日時:

サービスアパートメントとは?マンスリーマンションの違いはある?

近年、新たな滞在先として「サービスアパートメント」を選ぶ人が増えています。しかしサービスアパートメントを詳しく説明できないケースも多いでしょう。そこで今回はサービスアパートメントとマンスリーマンションの違いについて分かりやすく紹介していきます。

サービスアパートメントとは?

サービスアパートメントとは、簡単に言うとマンスリーマンションよりもグレードの高い施設のことです。1ヶ月から利用することができ、マンションのように敷金は必要がありません。さらにフロントによるサービスや、ハウスクリーニングなどのサービスも受けられるため、まるでホテルのような感覚で滞在することができるでしょう。家具や家電、日用品などの設備も備わっている点も魅力的なポイントです。

東京や大阪などの都市圏に数多くのサービスアパートメントが存在しますが、徐々に宿泊可能な施設数も増加しており、名古屋にもサービスアパートメントと呼ばれる物件が増えてきています。

サービスアパートメントに備えられているもの

サービスアパートメントは宿泊という目的だけでなく、暮らすことも考えた施設になります。そのため一般的なホテルには備わっていないコンロの付いたキッチン、洗濯機、冷蔵庫、調理器具、テーブルなど様々な物が用意されてあるため、長期の滞在でも困ることがありません。そのため滞在中に自分自身で掃除や洗濯、調理などを行うことが可能です。

一般的なサービスアパートメントに備わっているもの

サービスアパートメントによっては、数日分の洗剤やトイレットペーパー、アメニティなどが置いてあるケースもあります。そのため、まるで自分の家のような感覚で滞在することができ、色々な小物や備品を用意する必要がありません。

サービスアパートメントを借りる際の契約の流れ

ではサービスアパートメントを借りるためには、どうしたら良いのでしょうか?一般的なホテルとは異なり、入居審査や契約などのプロセスが必要になります。スムーズに契約するためにも、契約の流れをしっかりチェックしてくださいね。

空室状況の確認

サービスアパートメントの情報を掲載しているWEBサイトで、空室状況の確認を行うのが一般的です。ほかにもサービスアパートメントの運営や管理している会社に電話などで確認する方法も。

入居審査

空室状況を問い合わせすると、物件の運営会社から空室状況に関する詳細な情報が提供されます。部屋の内覧をしたい時は、申し込みを行ってください。とくに長い滞在になる場合には、居心地の良さを確認するためにも内覧をしておいた方が無難でしょう。申し込みの際に運営会社に提出する書類に基づき、入居審査が行われ、入居が可能かどうかチェックされます。

契約

入居審査を無事に通ったら、次に契約に移ります。入居を行う日程までに、契約書のサイン、保証金の支払いなどを行いましょう。支払いの方法は物件によって異なるので、その指示に従ってください。一般的に現金支払いや振り込み、クレジットカードなどでの支払いが多いようです。

入居

入居時に部屋の鍵の受け渡しを行います。設備の確認などを行い、要件通り揃っているのか確認を行いましょう。また入居中のトラブル、入居期間の延長、早期退去、サービスの内容などの問い合わせや相談は契約の指示に従ってください。

サービスアパートメントのメリット

サービスアパートメントを利用する際のメリットを紹介していきます。

入居日からスグに快適に暮らせる

サービスアパートメントの魅力は、日常生活に最低限必要な設備や備品が備わっているということ。基本的に光熱費やインターネットなどの費用も含まれているので、洋服など身の回りのものだけ用意すれば、すぐに快適な生活をスタートさせることが可能です。そのためビジネスの利用にもオススメの施設と言えるでしょう。

トラブルにも迅速対応

管理体制がしっかり整っている点もサービスアパートメントの強みでしょう。もし何か入居中にトラブルに巻き込まれたとしても、迅速に対応してもらえます。またコンシェルジュなどのスタッフが常駐している施設も多いため、何かあっても安心でしょう。すぐに充実したサービスが受けられるのは嬉しいところです。

1ヶ月から契約することが可能

基本的にサービスアパートメントは、最短1ヶ月から契約できます。もし途中で解約したとしても、違約金などが発生することがありません。出張などのビジネス利用だけでなく、家の建て替え期間、リフォームの間だけなど仮住まいとしての利用も快適に過ごすことができるでしょう。

サービスアパートメントのデメリット

サービスアパートメントは非常に魅力が多い施設です。しかし残念ながら、デメリットもあるので紹介していきます。

まだ部屋の数が少ない

サービスアパートメントは、ホテルや一般的な賃貸アパートよりも物件数が少ないことがデメリットになるでしょう。タイミングやエリア、ニーズなどによって、空室がないことも多いので注意が必要です。希望する物件がある場合には、早めに予約をするようにしてください。

割高になるケースも

サービスアパートメントは、長期間滞在するならホテルよりもリーズナブルです。しかし賃貸アパートよりは割高になってしまうことも。利用する期間によっても費用面が異なるので、利用する施設を選ぶ際には必ずチェックしておきましょう。

サービスアパートメントとマンスリーマンションの違いはどこにある?

サービスアパートメントとマンスリーマンションは、一見同じような施設に思われがちです。しかし細かな内容は異なるので、違いを把握し、どちらが自分に合っているのかチェックしましょう。

料金相場

サービスアパートメントの料金相場は、一般的に20万円から30万円ほどです。一方、マンスリーマンションは10万円から15万円前後の料金になっているケースが多いでしょう。マンスリーマンションの中には光熱費や管理費などが料金に含まれず、10万円以下など安いように見せているケースもあるので注意してください。生活するためのトータル費用で比較することが大切です。

備え付けの家具や家電

サービスアパートメントもマンスリーマンションも、基本的に備え付けられている家具や家電に違いはありません。両方とも生活に必要な設備は整っているでしょう。ただサービスアパートメントの方が、コーヒーメーカーなどより充実した家電が備わっているケースが多いです。

サービスの内容

マンスリーマンションは一般的な賃貸物件と同じようなサービス内容です。そのため特別なサービスを受けることはできません。一方、サービスアパートメントは、コンシェルジュやランドリーサービス、ハウスクリーニングなどのサービスを受けることができます。また中にはフィットネスジムなどの設備が整っているところも。サービスアパートメントの方がサービス自体は充実していると言えるでしょう。

費用に余裕があればサービスアパートメントを借りるのもあり

サービスアパートメントは、サービスを重視したい方に適した施設です。費用面がやや高いこと、まだ借りられる施設が少ないこと、エリアが限定されることなどを考慮すれば、マンスリーマンションを選ぶ方が良いかもしれません。ご自身に合った施設を選ぶことが大切です。