アットイン レオパレス21 リブマックス
月額¥59,000~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥66,006~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥189,000~

公式
サイト

電話
問合せ

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » 「お試し別居」でマンスリーマンションを選ぶなら

公開日: |最終更新日時:

「お試し別居」でマンスリーマンションを選ぶなら

様々な事情で「お試し別居」を行うためにマンスリーマンションを利用する決断をする方がいます。今回はお試し別居のためにマンスリーマンションを活用する利用法を紹介します。

お試し別居にマンスリーマンションを利用するメリット

家具家電などが備わっている

マンスリーマンションを利用する場合、家具や家電といった生活必需品が標準設備としてすでに設置されていることが多いです。そのため、様々な事情で別居が必要になった場合も家具や家電を新たに用意せずに買いそろえることができます。

長期滞在でも安心

マンスリーマンションでは、長期間滞在することになるほど安くなることが多いです。お試しで別居するという形であっても、どのくらいの期間が必要になるかを予測するのが難しい場合もあるかと思います。なるべくコストを抑えておきたいと考えている場合におすすめです。

夫婦関係を冷静に見直せる

マンスリーマンションでは数ヶ月という滞在期間は冷静に夫婦関係を見直すという意味でも重要な期間であります。精神的に落ち着かない部分もあるかと思いますが離れることで重要なことに気づくこともあります。そのため、ゆっくり考える期間を持つことも選択肢の一つとして考えてみましょう。

近所付き合いが不要

マンスリーマンションを利用する人の多くは、出張中のビジネスマンとなっています。そのため、滞在している人は遠くから仕事目的で宿泊している人となります。隣の部屋に住んでいる人であっても、必要以上にあまり関わらずに済みます。

マンスリーマンションをお試し別居として利用する際の注意点

別居前に話し合いが必要

夫婦関係では基本的には同居義務があります。そのため、これに違反した状態で離婚してしまうと、慰謝料の請求されてしまうリスクも出てきてしまいます。しかし、別居すること自体がすぐに同居義務違反に当たるわけではなく、夫婦で話し合った上で決めたことであれば違反にはなりません。マンスリーマンションを利用する前にパートナーの合意を得るようにしましょう。

婚姻費用の請求・タイミングを考える

マンスリーマンションを利用する場合には費用の負担方法やタイミングを夫婦で話し合うことが重要になります。婚姻費用の分担請求を行う場合には基本的に請求をしたタイミングを起点として認められることになります。早く別居したい…という場合であっても焦りは禁物です。別居する前にパートナーと費用について冷静に話し合っておくことが大切です。

子どもへの影響を確認

子どもを連れて別居をする場合には、マンスリーマンションに移り住むことで環境が変わってしまうことになります。子どもに与える影響をしっかりと考えてみることが大切です。また、別居することによって子どもの小中学校の学区や通っている保育園が変わってしまう場合には事前に手続きをする必要があるので、注意しましょう。