アットイン レオパレス21 リブマックス
月額¥59,000~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥66,006~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥189,000~

公式
サイト

電話
問合せ

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションに入居審査はある?

公開日: |最終更新日時:

マンスリーマンションに入居審査はある?

マンスリーマンションとは家電や家具が備え付けられており、数週間から1年程度滞在する方向けの賃貸住宅です。短期間滞在する場合には非常に便利のいい賃貸住宅ですが、入居するための審査も当然あります。ここではマンスリーマンションの入居審査について分かりやすく紹介しているので、マンスリーマンション検討中の方は参考にしてください。

マンスリーマンションは入居のための審査がスムーズ

一般的な賃貸住宅の場合、入居時には書類の確認や入居者の職業・収入など細かな部分まで入念に審査されます。また物件によっては、他の入居者とトラブルが起きないかなど、人柄もチェックされることも。一方で多くのマンスリーマンションは入居審査が行われますが、一般的な賃貸住宅よりも簡単なケースがほとんどです。そのため非常に審査はスムーズで、急ぎの場合には即日入居ができることもあるでしょう。

審査がスムーズな理由

そもそも、なぜマンスリーマンションは入居審査が簡単なのでしょうか?それはマンスリーマンションが定期借家契約だからです。一般的な賃貸住宅の場合は通常の借家契約なので、借主が契約を継続したいと希望した場合には、貸主が契約の継続を拒否することができません。しかしマンスリーマンションのような定期借家契約なら期間満了に伴い、原則契約は終了します。マンスリーマンションは契約の時点で利用者の滞在が決まっており、入居審査を厳しくしなくてもトラブルが起こりにくいのです。

また基本的に入居前に全ての料金を支払う仕組みになっているので、貸主は家賃滞納や未納の不安がありません。そのため一般的な賃貸住宅よりも審査が簡単でも、金銭トラブルに巻き込まれることもないのでしょう。

マンスリーマンションと賃貸マンションの審査の違い

マンスリーマンションと賃貸マンションの審査において、一番の違いは法律です。上記でも記したように一般的な賃貸住宅は「借地借家法」という法律が適用され、入居者側が守られる形になっています。そのため一度契約をしてしまえば、入居者側が継続して契約したいと申し出れば契約を断ることができません。万が一、強制立ち退きを要求した場合には、管理者側が立退料を支払わなければならないケースも。

一方、マンスリーマンションは借地借家法が適応されません。期間を限定して貸し出すため、「定期借家権法」が適応されます。この法律が適応されることで、入居者が継続を希望したとしても、更新を拒否することができるのです。

法律の違いから、賃貸マンションの場合はどうしても入居審査が厳しくなってしまいます。

マンスリーマンションの入居審査の際に必要な書類

マンスリーマンションの入居審査に必要な書類は、管理会社によって異なります。一般的に身分証明書が必要になるでしょう。

上記のような身分証明書を求められるケースが多く、学生証や社員証などは基本的に認められません。またマイナンバーカードは個人情報として取り扱いが難しいため、管理会社によっては身分証明書と認めないケースもあるので注意しましょう。

マンスリーマンションの入居審査の際に気を付けること

マンスリーマンションは基本的に誰でも契約することができます。入居審査も厳しくはありませんが、どんな人でもOKという訳ではありません。マンスリーマンションを利用する場合には、明確な目的が必要になるケースが必要になるため、目的がハッキリしていなければ入居できないこともあるので注意しましょう。入居するにあたっては、まず目的や契約期間を明確にしておいてください。

また利用したい方が未成年の場合には、一般的に契約者は保護者になります。もちろん就職しており会社に在籍確認ができれば未成年であっても、本人が契約することも可能ですが、連帯保証人などが必要になるケースも多いので、事前に管理会社に確認しておきましょう。

専業主婦や無職など収入がない方の場合には、入居前に保証金の支払いを求められるケースもあるので、事前に確認しておいた方が無難です。