名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションのセキュリティはどんなものがある?

マンスリーマンションのセキュリティはどんなものがある?

マンスリーマンションを利用する方、利用しようと考えている方にとって、立地や家賃と同様に「セキュリティ」が気になると考える方は少なくないでしょう。ホテルのようにフロントの人が24時間体制で管理してくれるわけでもなく、その特徴から住人の入れ替わりも激しいため、何らかのトラブルを予感してしまうかもしれません。そこで、今回はマンスリーマンションのセキュリティについて、一般的な賃貸物件との違いも併せて詳しくまとめていきます。

一般賃貸との違い

マンスリーマンションと一般的な賃貸物件のあいだにおいて、セキュリティを比べた場合、実はその差はほとんどありません。なぜかというと、そもそも一般的な賃貸同様にマンションとして造られた物件をマンスリーマンションに改装して利用している、というように元々は分譲マンションやアパートの一室をマンスリーマンション化(家具や家電を設置)しているだけだからです。 余程古い物件でない限り、オートロックが付き、防犯カメラや火災報知器も備え付けられていることが多いため、安心して暮らすことができるでしょう。また、繁華街にあるマンスリーマンションの場合は、入居者がトラブルに遭うのを回避できるよう、一般的な賃貸物件より防犯カメラの設置が徹底されている物件もあるようです。そのため、女性や学生にはやはり人気で、利用料金は相対的に高いものの安全面を重視してこのような物件が選ばれやすくなっています マンスリーマンションだからといって、セキュリティが劣っているという事実はありませんので、安心して住むことができるでしょう。

セキュリティの有無は要チェック

先に述べたように、マンスリーマンションだからセキュリティが劣っているということはありません。しかしながら、築年数が古い物件については、例外として注意が必要です。中にはオートロックではなかったり、防犯カメラが設置されていなかったりと、安全性に乏しい物件も存在しています。こういった物件は家賃が低くなる傾向にありますので、「似た条件の物件と比べて、妙に家賃が安いな?」と不思議に感じたときには、セキュリティ面を確認してみてください。特にセキュリティ設備がない場合には、あえて物件の情報サイトには書かれていないことが多いです。気になる物件にセキュリティに関する記載がない場合には、管理会社に確認してみるのがおすすめです。

鍵は複製されることはない?

月単位で居住する人物が変わるマンスリーマンション、そして数週間の滞在でも受け付けてくれるウイークリーマンションも存在しています。住人の入れ替わりが激しいことから、「中には鍵を複製する人もいたかもしれない」と不安を覚える方も多いのではないでしょうか。そのような不安も、しっかりと解消できるような仕組みとして、「シリンダーキー」と「デジタルロックキー」の採用があります。この二種類の鍵は、マンスリーマンションで使われているものとして、とても代表的なものです。以下に詳しく説明します。

複製しにくいシリンダーキー

「シリンダーキー」とは、鍵穴に差し込んでドアを開ける、一般的な鍵のことです。 なかでもマンスリーマンションで使用されることが多いのは「ディンプルキー」と呼ばれるものです。 これは、鍵がギザギザとしているタイプではなく、穴の凹凸があるタイプです。このディンプルキーの大きな特徴は、鍵のメーカーにもよっては数億通りの組み合わせがあるといわれており、複製がされにくいことです。専用の機械がある鍵屋でしか複製できません。さらに、マンスリーマンションの管理会社は、ディンプルキーの鍵番号を登録する際、暗証番号も同時に登録していることが多いです。追加で購入や取り寄せをするときには、鍵番号に加えて暗証番号が必要であるといったセキュリティを設けているため、基本的には鍵番号だけが分かっても取り寄せは難しいといわれています。

複製されないデジタルロックキー

「デジタルロックキー」はその名の通り、デジタル機器で管理するタイプの鍵です。 マンスリーマンションに採用されているデジタルロックキーの中で、多く普及しているのが、機器に数字を入力するタイプで、その数字は管理会社が指定することもあれば、物件によっては入居者が指定することもあります。数字は入居者が変わるごとに即変更されるので、以前の入居者が数字を覚えていたとしても、ロックを解除することは不可能です。形のない鍵のため、盗まれることも複製されることもありません。そのため、セキュリティ性能は非常に高いといえるでしょう。

自分でできる防犯対策

補助鍵をつける

なんといっても、防犯対策の基本は施錠を徹底することです。どんなに優れた防犯対策をおこなっていても、施錠を忘れてしまっては台無しです。また、現在設置されている鍵に加えて、補助錠を設置するのも効果的とされています。鍵がひとつ増えるだけでも、侵入におけるハードルが高くなるため、空き巣に狙われにくくなることが期待できます。

郵便受けにも鍵をかけておく

郵便受けに鍵をかけておくことも、大切な防犯対策の一つです。郵便受けは、部屋に侵入せずに個人情報を手に入れられる、絶好の場所です。郵便物が抜き取られて悪用される危険を防ぐためにも、鍵をかけるようにしましょう。

防犯フィルムやブザーの設置も

しっかり鍵をかけていても、簡単に窓ガラスが割られてしまっては意味がありません。そのため、防犯フィルムを貼ることで、ガラスを割りにくくする対策が効果的です。また、窓が破壊された場合などに知らせてくれる防犯ブザーを併用すると、より安心です。周囲に緊急事態を知らせると同時に、空き巣に対して威嚇行為にもなります。

洗濯物は目立たないように干す

ベランダなど、屋外に洗濯物を干す場合、女性物の洗濯物は目立たないように干しましょう。服や下着が見えてしまうと、女性が住んでいることが簡単に分かってしまいます。空き巣だけでなく、下着泥棒にも狙われる可能性も出てきます。下着類は、タオルやシーツなど大きなもので囲うことで、なるべく人目につかないように工夫しましょう。

自宅が特定できるようなものをSNSにアップしない

スマートフォンやインターネットが普及している現代では、「まさか」という些細な情報から、個人や自宅の場所を特定されてしまう危険性があります。自宅はもちろん、学校や会社、最寄りの駅など、普段頻繁に行く場所についても注意が必要です。他にも、SNSの投稿や写真に位置情報や撮影日時などのデータが紐づいている場合があります。端末やカメラ、データの設定を確認するようにし、自宅を特定できてしまうような写真や文章を、SNSにアップしないようにしましょう。