アットイン レオパレス21 リブマックス
月額¥59,000~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥66,006~

公式
サイト

電話
問合せ

月額¥189,000~

公式
サイト

電話
問合せ

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションは法人契約できる?

公開日: |最終更新日時:

マンスリーマンションは法人契約できる?

マンスリーマンションを利用する場合には、法人契約と個人契約のいずれかで契約する形になります。こちらでは法人契約する際の方法やメリットなどを紹介します。

マンスリーマンションを法人契約する際の方法

物件を探す

まず探している条件に合った物件を探していきます。法人契約をしたけれどネット上でいい物件が見つからない場合には、管理会社に直接連絡して条件に合う物件がないか聞いてみましょう。

法人契約希望の場合には、管理会社から見ても継続利用やリピート利用といったメリットが見込めるので条件や希望に適した物件を紹介してくれる場合があります。

お問い合わせ

条件に合う物件が見つかった場合には、問い合わせを行います。法人契約であっても個人契約と同じように電話やメールで問い合わせをすることが可能で、その後の状況によって内覧をすることもできます。そして、料金案内や物件の説明も受けることができます。法人として会員登録をして利用できる運営会社の場合、電話すればすぐに部屋を確保できる場合もあります。

申し込み

法人契約を結ぶ場合は、個人で契約する時には物件の説明をした後に申し込みをします。不明な点や些細な疑問が説明を受けている時に浮かんだら、確認しておきましょう。

事前に法人会員になっていた場合、スムーズに申し込みを行うことも可能で急に部屋が必要になった場合にも対応してもらえることが多いです。

契約

申し込みが完了すると、運営会社から申込内容に沿った契約書が作成されてFAXや郵送で送られてきます。

届いた契約書に必要事項を記入したら、必要な書類と一緒に期日までに返送しましょう。そして、入金手続きに進み、支払期日までに銀行振り込みを行います。法人会員になっていた場合は、より簡単な手続きで契約できる場合もあります。

契約が完了したら、入居日から住むことができます。運営会社から鍵を受け取っておきましょう。受け取り方法は最寄りの店舗や宅配での送付・キーバンカーなどでできます。

マンスリーマンションを法人契約するメリットとは?

コストを抑えられる

一般的な賃貸マンションを利用する場合には敷金・礼金や仲介手数料・火災保険料・鍵の交換費用などの費用が必要となり、まとまった初期費用が必要となります。

マンスリーマンションの場合、敷金・礼金・仲介手数料の支払いは必要ありません。火災保険料や鍵の交換費用も不要となっているため、社宅や社員寮の準備としてかかる費用も抑えることができます。

短い期間でも利用できる

利用期間が短期であっても、マンスリーマンションであれば1ヶ月や3ヶ月といった期間で借りることができます。余計なコストがかからないので安心して利用できます。一般的なマンションの場合は1年や2年といった利用期間で契約する必要がありますが、短期間でも借りることができるのは大きなメリットと言えそうです。

法人契約したいマンスリーマンションを選ぶ際のポイント

キャンペーンや割引が実施されているかどうか

マンスリーマンションの運営会社では、時期や借りる物件にキャンペーンが行われていることがあります。これらを利用すれば賃料を安く済ませることが可能となるため、物件を探す時や申込時に事前にチェックしておきましょう。利用する人数ごとに割引が行われている場合もあるため、その点を確認しておきましょう

設備の内容を確認する

マンスリーマンションでは、インターネット環境が整っていたり家具家電が備えられていたりして住むのに必要な設備が基本的にそろった状態となっています。物件ごとに賃料に含まれている設備が異なっているので、どのようなものが含まれていて、オプションに何が必要なのかを確認しておきましょう。

テレワークで仕事用に部屋を使う予定でWi-Fi環境が備わっている場合には、回線速度やポケットWi-Fiの貸し出しを確認してみましょう。