名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションを旅行に活用する方法とは?

マンスリーマンションを旅行に活用する方法とは?

長期滞在ならマンスリーマンションがおすすめ

旅行の際に宿泊する施設といえばホテルや旅館を予約される方が多いと思いますが、マンスリーマンションという選択肢があることご存じでしたか?短期滞在の場合はホテルや旅館に宿泊するほうがお得な場合がほとんどですが、長期滞在する場合はマンスリーマンションのほうがお得なことがあります。出張や単身赴任で利用するイメージが強いマンスリーマンション。しかし、最近では旅行目的の長期滞在者の利用に注目が集まっています。

「長期滞在」の「長期」とはどのぐらいの期間になるのでしょうか?期間を区切ってお得になる期間を確認してみましょう。

お得になる滞在日数とは?

2泊3日

残念ながらお得ではありません。

2泊3日程度の短期滞在になるとやはりホテルや旅館のほうが安くなります。理由はマンスリーマンションの料金設定によるものです。

マンスリーマンションは長く滞在すればするほど安くなるという料金形態であることがほとんど。そのため、2泊3日の滞在では、ホテルをはじめとした滞在先の方が費用を抑えた旅行になるでしょう。

7泊8日(1週間)

場合によってはお得です!

ホテルや旅館の料金形態やマンスリーマンションの条件によってはマンスリーマンションのほうがお得。ホテルや旅館は1人あたりの料金ですが、マンスリーマンションの場合は1部屋あたりの料金です。

2名以上の宿泊ができるマンスリーマンションで複数名の宿泊なら計算上お得になります。比較的大きめの間取りのマンションが多いので複数名で過ごしても狭いことはないでしょう。ただし、間取りや宿泊人数の設定はマンションによってさまざま。

場合によっては、2名以上の宿泊をお断りされることもあるので、まずは確認してみましょう。

14泊15日(2週間)

お得です!!

2週間以上の滞在であればマンスリーマンションのほうが断然お得。賃料はもちろんですが、ホテルや旅館に滞在した際の食費やランドリー代金など生活に必要な部分を計算すると大きく差が出てしまいます。

なぜかというとマンスリーマンションには家具・家電などすべてそろっており、自炊も可能。外食の日以外にも購入してきたものを食べたり、自炊したりとその日によって使い分けることで節約になり、洗濯も毎回コインランドリーに行くより設置されている洗濯機を使えばさらに節約できます。

節約したお金は、はレジャーやお土産代に回すことだってできますね。

30泊以上(1か月)

とってもお得です!!

長く滞在すればするほどお得になるマンスリーマンションの本領発揮できる期間が1か月以上です。このぐらい長い期間になると部屋代はもちろん、食費・ランドリー代など2週間滞在のときよりもさらに節約できます。

まさに「チリも積もれば山となる」ですね。さらに積もるのはチリだけではなく、旅先での思い出やマンスリーマンションで旅を楽しむ経験値も。また他の地域でのマンスリーマンションの旅をすることだってできます。

マンスリーマンションは2週間以上の滞在からお得になる!ということがわかりましたね。