安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

サイトマップ

HOME » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » 名古屋市内の料金相場は?

名古屋市内の料金相場は?

名古屋市内におけるマンスリーマンション・ウィークリーマンション利用料の相場についてリサーチしました。

名古屋市内のマンスリーマンションの相場はどれくらい?

マンスリーマンション・ウィークリーマンションの利用料は、地域によって差があります。

大都市圏では東京が一番高値で、名古屋エリアは、神奈川、大阪に次ぐ4番目。

部屋の広さが「1K」のマンスリーマンションを借りる場合、1日の平均的な賃料相場は、東京エリアが4,500円前後で、名古屋エリアはそれより1,000円程度安い、3,500円前後が大体の相場となるようです。

1週間だと20,000円~30,000円前後、1ヶ月にすると約100,000円の費用がかかる計算になります。

マンスリーマンションの運営会社のサイトにある料金表示には、利用料に水道光熱費や保証料、管理費などの諸費用がすべて込みになったものと、そうではないものがあるので、料金をチェックするときは、利用料以外の費用に気をつけるようにしましょう。

「この物件、すごく安い!」と思っても、諸費用をすべて足すと、思った以上に高額になってしまった…ということがあるんですね。

ビジネスホテル・一般賃貸との料金比較

名古屋エリアにおいて、1ヶ月100,000円程度が相場のマンスリーマンションですが、ビジネスホテルや一般の賃貸マンションと比較すると、どうなのでしょうか?

ビジネスホテルの場合、1泊の料金を5,000円~6,000円と仮定すると、1ヶ月で150,000円~180,000円になります。

一方、賃貸マンションの場合、名古屋の1Kの1ヶ月あたりの家賃相場が60,000円前後、そこに敷金・礼金や水道光熱費、仲介手数料、保険料、家具・家電購入費がかかることを想定すると、かなりの出費になるでしょう。

料金比較
マンスリーマンション 約10万円/1ヶ月
ビジネスホテル 約15~18万円/1ヶ月
賃貸マンション 約27万円/1ヶ月
※家賃6万円前後、敷金・礼金1ヶ月分、水道光熱費1万円、仲介手数料1ヶ月分、保険料2万円で計算

年単位の長期的な目線で考えれば、賃貸の方がお得になることもあります。

しかし、マンスリーマンションを利用する方の多くが、30日~90日程度の契約を希望することを考えると、短期滞在の場合では、ビジネスホテルや賃貸よりも、マンスリーマンションの方がリーズナブルといえるでしょう。

各区の費用相場(1K利用/1ヶ月未満契約の場合)

地区名 費用相場
千種区 約32,000円
東区 約30,000円
北区 約27,000円
西区 約30,000円
中村区 約28,000円
中区 約28,000円
昭和区 約27,000円
瑞穂区 約30,000円
熱田区 約33,000円
中川区 約30,000円
港区 約30,000円
南区 約30,000円
守山区 マンスリーマンション情報なし
緑区 マンスリーマンション情報なし
名東区 60,000円以上
天白区 60,000円以上

名古屋市内のマンスリーマンションの選び方

目的を考えた上で選ぶ

マンスリーマンションを選ぶ際には、滞在の目的をはっきりさせた上で選ぶことが重要です。目的がはっきりしていれば、費用を抑えられる物件を選ぶことができますし、あとから「別のマンスリーマンションにすればよかった」という後悔をすることがありません。滞在理由によって部屋にいる時間が長いか、短いかなどが分かれば、用途に応じた物件を選べます。

立地を考慮する

マンスリーマンションを選ぶ上で立地はとても大切です。例えば、費用を抑えようとして理想の場所よりも遠いエリアの物件を選んでしまうと、結局滞在中の交通費がかかったりして、トータルの費用が高くなってしまうこともあります。 繁華街や都市部に近い物件は家賃が高いことが多いですが、交通費がかからなければ経済的にも身体的にも負担が小さいです。

費用相場

都市部になると同じエリアに多くのマンスリーマンションがありますので、いろいろな物件を見て費用の相場を確認し、予算に応じた物件を選びましょう。地域ごとの費用相場は先にご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ネット環境

スマホの普及もあって、最近ではインターネットを利用しない人はほとんどいないと思います。Wi-Fiが届く部屋が用意されている物件が多いですが、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

ビジネスホテルよりいい点

費用が抑えられる

期間を問わず、ビジネスホテルとマンスリーマンションを比較すると、ビジネスホテルのほうがトータルの宿泊料金が高くなることが多いです。

あまりきれいではなかったり、狭いビジネスホテルだと安いところもあったりますが、一定期間滞在するのであればある程度衛生面が確保されている物件を選びたいもの。こうした点ではマンスリーマンションのほうがお得に、そして快適に利用できます。

同じ価格の場合部屋が広いことが多い

ビジネスホテルとマンスリーマンションを比較した場合、同じ料金であればマンスリーマンションのほうが広い部屋であることが多いです。どちらかというと広い部屋のほうが居心地がよいという人も多いと思います。

バスルームとトイレが別になっている

一定期間滞在するにあたり、バスルームとトイレが別に設けられていることは過ごし方に大きく影響します。やはり別になっているほうが広々として快適です。 ビジネスホテルではバスルームとトイレが一箇所にまとまっていることが多いので、マンスリーマンションのほうが使いやすいと思います。

人を招待しやすい

ビジネスホテルでは宿泊客以外に誰かを招待する場合、泊まらなければ追加料金がかかることはありませんが、来訪者が宿泊する場合は追加の費用がかかります。マンスリーマンションであれば、現地の知り合いが訪れて宿泊しても追加料金がかかることはありません。

プライバシーが保たれる

ビジネスホテルでは、毎日掃除担当のスタッフが合鍵で入室し、部屋の掃除を行います。このため、貴重品の管理を慎重に行う必要があり、プライバシーが保たれないため落ち着いて過ごすことができないという人もいるようです。 マンスリーマンションは契約中に運営者が入室することはないので、落ち着いて生活できます。

炊事や洗濯ができる

ビジネスホテルでキッチンが用意されているところは少なく、お湯を沸かすのも設置されているポットというケースがほとんどです。マンスリーマンションには最低限のキッチンが設置されていますので、自炊したいと思えば料理することもできます。 ある程度の期間滞在する場合、毎日外食や買い食いでは栄養面が心配だという人は、マンスリーマンションのほうが適しています。

賃貸マンションよりいい点

短期間であれば費用を抑えられる

数年単位の利用の場合、賃貸マンションのほうが費用は安くなりますが、数ヶ月の利用であればマンスリーマンションのほうが費用は安いです。一般的には、2年以上滞在の場合賃貸マンションのほうが費用は安くなるといわれています。

入居審査が厳しくない

賃貸マンションでは入居審査が厳しいところも多いですが、マンスリーマンションは比較的審査がゆるいところが多いようです。急に滞在することになったときなどは、マンスリーマンションのほうがスピーディーに契約まで進めることができます。

光熱費が賃料に含まれている

賃貸マンションは光熱費を別途支払う必要がありますが、マンスリーマンションでは光熱費が家賃に含まれていますので、いくつもの支払いをする必要がありません。

一時的な滞在であれば、銀行の引き落とし手続きをするのも面倒でしょうから、賃料に光熱費が含まれているのは手軽で助かりますね。

 
安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較