名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションを単身赴任に活用する方法とは?

マンスリーマンションを単身赴任に活用する方法とは?

単身赴任中の住まいに「マンスリーマンション」という選択肢

単身赴任の辞令が出た瞬間始まる住居探し。住居といえば賃貸マンションやアパート、ビジネスホテルがありますが、マンスリーマンションも選択肢のひとつにしてみてはいかかでしょうか。

マンスリーマンションといえば「家具・家電付き」で有名ですが、実は家具・家電だけでなく「調理器具や食器、ハンガーやその他小物」も備品として用意されています。

引っ越す際に荷造りが少なくて済み、さらに引っ越し後も荷ほどきがほとんどなくすぐに新生活スターできます。持っていく荷物が少ないと引っ越しトラックも小さくて良いので安価な引っ越し代金で済むのも魅力のひとつ。

万が一準備し忘れがあっても大丈夫。マンスリーマンションは駅チカ物件が豊富なのですぐに買い物も便利です。マンスリーマンションは単身赴任するビジネスパーソンの強い味方だと言えるでしょう。

お得な住居を徹底比較!単身赴任の期間に注目!

家具・家電付き・生活用品付きのマンスリーマンションですが、お得に過ごすことができる分かれ目は「単身赴任の期間」です。

1ヶ月未満…ビジネスホテル

1ヵ月未満の単身赴任であれば圧倒的にビジネスホテルがお得です。敷金・礼金はもちろんゼロ、光熱費もゼロ、単純に宿泊数を掛け算するだけなので計算も簡単です。

マンスリーマンションも敷金・礼金や光熱費はゼロですが、数週間で退出しても1ヵ月分の料金がかかるのと、一時金が3万程度かかってしまうので1ヵ月以内の利用であれば損になってしまいます。

1ヶ月~1年未満…マンスリーマンション

1ヵ月以上の滞在であればお得なのはマンスリーマンションです。この期間で差が出るのは日常に必要な食費や洗濯(ランドリー費)です。

ビジネスホテルでは外食やクリーニング費にかなりの費用をかけることになりますが、マンスリーマンションでは家具・家電がついているので自炊・洗濯可能です。宿泊費以外に生活費で大きく差が開きます。

1年以上…賃貸マンション・アパート

単身赴任期間が1年以上の場合は賃貸マンションまたはアパートがお得でしょう。もちろん、自身で購入した家具・家電の金額や引っ越し費用など諸費用の条件にもよりますが数年以上の期間が決まっているならば、マンスリーマンションはお得です。

ただし、引き上げの際、購入した家具や家電の行き場に困る可能性はゼロではありません。

期間未定の単身赴任ならマンスリーマンションがおすすめ

仕事の進み具合で単身赴任期間が決まっていない、もしくは変更になる場合にも、マンスリーマンションはお得になる可能性が高くなります。1週間以上の滞在になれば、ホテル住まいよりも費用を抑えられますし、半年以上~1年未満であれば、賃貸マンションやアパートよりも、マンスリーマンションが最適です。