名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » 自分にあったマンスリーマンションの選び方と探し方のポイント

自分にあったマンスリーマンションの選び方と探し方のポイント

マンスリーマンションは、それぞれに魅力があるため、どのエリアに滞在したいかが決まっていない場合、どのマンスリーマンションに滞在すべきか悩む人も多いかもしれません。マンスリーマンションの選び方のコツを紹介していきます。

入居の期日・場所・予算などを綿密に検討する

マンスリーマンションを選ぶ時に大切なのは、自分のライフスタイルに合わせた物件選び。自分が譲れない条件をあらかじめ決めておきましょう。

ビジネスで利用する場合はいかに経費が抑えられるかが要となっています。バブル最盛期とは違って、今では滞在中の質よりも、出費を気にする会社がほとんどです。個人で利用する場合も同様に、滞在中の費用を安くしたいと考える人は多いでしょう。

2019年に10%まで消費税が引き上げられたため、これまで以上に家計の支出を抑えているという人も多いかもしれません。マンスリーマンションは、支出を抑えたいという場合にピッタリの滞在先です。都市部などのエリアに入居しても、ホテルの料金と比べると比較的安く滞在できます。

自分の中の優先順位を決める「予算or立地」

マンスリーマンションを探すなら、自分がどのくらい予算をかけられるかを検討しましょう。たとえ駅から離れていても安ければ安いほうが良いのか、はたまた多少お金はかかっても利便性を重視するのかは人によって違います。駅から遠かったり、都市部から離れていたりすると、その分賃料も安くなる傾向があります。自分の予算と相談をして、何を優先するのかを決めていきましょう。

予算を重視して、駅から遠い物件や都市部から離れている物件を選ぶ場合には気をつけないといけないポイントがあります。ビジネスや受験のためにマンスリーマンションを選ぶ場合は、目的地にアクセスしやすいかを何よりも重視しなくてはいけません。乗り継ぎが必要だったり、目的地までやたらと遠かったりすると、通うのが大変になってしまいます。

何よりも、慣れない土地に滞在する場合は気苦労が多いもの。毎日の移動で疲れてしまっては、体調を崩しかねません。都市部から離れていて賃料が安いエリアでも、目的地までは直通で行けるところもあります。歩けば目的地の駅まで1時間以上かかるようなエリアでも、直通で行ける駅が近いなら10分ほどで到着できる場合があるのです。

予算と立地の目星がついたら入居期日に空室な物件を探す

上記のポイントを踏まえ、予算や立地の条件が決まったら、入居期日に空きがある物件を探しましょう。いくら立地や予算の希望をいったところで、空室がなければ滞在することはできません。あれこれ迷うのも分かりますが、繫忙期などは直ぐに部屋が埋まってしまう可能性が高いので気を付けなければなりません。

良いなと思う物件があるのであれば、決まってはいないけれど検討していると仲介会社や運営会社に先に伝えておくのも手です。同じ物件を検討している人がたくさんいるのであれば、早く決めないと埋まってしまうことを教えてもらえることもあります。また、担当者によっては、満室になりやすい時期などを伝えてくれる場合があり、申し込みまでのタイムリミットを知ることができます。

立地・設備・環境など自分の目で確認し検討する

最終的な判断に迷っている場合は、自分の目で確認することをおすすめします。本当に立地が良いのか、または周辺の環境や設備は問題ないかなど、自分の目でしか判断できないこともあります。とはいえ、遠方に住んでいる場合は、実際に滞在地まで行って確認することができません。

物件の写真や設備の情報をよく見返して、問題がなさそうかをチェックしましょう。そして、物件の周囲の環境について知りたいときは、物件周囲の治安や住みやすさをネットで検索するのがおすすめです。地元に住んでいる住民が治安について口コミを書き込んでいるようなサイトなら、物件周囲が夜間騒がしくないか、交通の便は良いのかを判断する材料となるはずです。

セキュリティ面がしっかりしているかも要チェック

女性や未成年者が滞在予定の場合は、特にセキュリティ対策がしっかりしている物件を選ぶべきでしょう。夜中に帰ってくることが多いなら、通りに面している物件かどうかも重要です。オートロックや宅配ボックス、防犯カメラの設置の有無も確認しておきたいところです。そして、空き巣や泥棒が浸入しやすい1階よりも、なるべくなら上層階を契約することをおすすめします。

オススメな時期に物件を押さえておけば契約が楽ちん

マンスリーマンションは、運営会社によって予約可能な時期が異なります。前もって予定が分かっている場合は、半年くらい前から予約できるところがあるので、あらかじめ部屋を確保しておくと良いでしょう。

また、会社によってはキャンペーンを開催しているところがあるため、おススメな時期に物件をおさえておけば費用が抑えられ、かつ契約も楽ちんです。マンスリーマンションを選ぶときは、上述したように、入居期日・立地・予算・設備・環境・防犯面を考えて選んでみてください。