名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » はじめての方必見!マンスリーマンションの借り方

はじめての方必見!マンスリーマンションの借り方

「賃貸マンションならともかく、マンスリーマンションは借りたことがない…」という方に向けて、マンスリーマンションの借り方の具体的な手順について、詳しく解説していきます。

マンスリーマンションを借りるための6ステップ

マンスリーマンションは賃貸と異なり、水道光熱費の手続きや家具の準備が必要ないため、借りるまでの流れも比較的シンプルです。以下の6ステップを実行すれば、入居できるようになります。

  1. お部屋探し
  2. 問い合わせ
  3. 入居申し込み
  4. 契約手続き
  5. 料金支払い
  6. 鍵の受け渡し

ステップ1:お部屋探し

まずは「お部屋探し」からスタートします。マンスリーマンションを借りる場合、インターネットを使って物件を探すのが一般的です。賃貸のように店舗へ足を運ぶ必要がないので、いつでも気軽に探すことができます。

具体的な方法としては「ポータルサイト」または「運営会社サイト」の利用が挙げられます。

ポータルサイトを使う

「ポータルサイト」は各運営会社の物件情報が集まっているサイトです。

予算やエリア、入居期間といった条件を入れて検索することで、自分に合った物件を見つけることができます。物件の掲載数そのものが多いので、初心者はまずポータルサイトで探すことがオススメです。

運営サイトで探す

「運営会社サイト」は各社が運営している自社サイトを指します。ポータルサイトに比べると物件の掲載数は少なめですが、その分より細かい条件で検索できたり、詳細な情報が手に入ったりする場合があります。

独自のキャンペーンが展開されていて、お得に借りられるケースもあるので、ポータルサイトと合わせてチェックしましょう。

ステップ2:問い合わせ

気になる物件が見つかったら、次は運営会社への「問い合わせ」を実行します。お問い合わせフォームやメールで連絡してもいいですし、すぐ返信が欲しければ電話してみるのも有効です。

担当者へ連絡がとれたら、空室状況や料金について確認します。マンスリーマンションは事前に内見できないことが多いので、内装で気になることがあれば、ここでしっかり聞いておきましょう。

ステップ3:入居申し込み

問い合わせた物件の空室確認ができたら、次は「入居申し込み」に移ります。申し込みの受付期間は運営会社にもよりますが、入居予定日の1か月前から2週間前が一般的です。

申し込み後にキャンセルする場合、キャンセル代がかかることもあるため、よく検討した上で申し込みましょう。

申し込みを行うと、ほとんどの運営会社が申込書などの書類をメール、もしくはFAXで送付してくるため、指示に従い記入・捺印します。書類ができたら、身分証明書の写しと一緒にメール・FAXで返信すればOKです。

その後、運営会社は届いた書類をもとに審査を行います。書類が受理されて審査も通過できたら、入居申し込みは完了となります。

法人契約の場合は法人確認書類(会社パンフレットや会社謄本の写し)の提出を求められることがあります。あらかじめ用意しておけば、申し込みがスムーズに進むでしょう。

ステップ4:契約手続き

入居申し込みが終わったら、いよいよ「契約手続き」に移ります。契約者が個人か法人かによって、手続き方法が異なってきます。

個人契約の場合

個人契約なら「定期建物賃貸借契約書」などの書類が送付されてくるため、署名・捺印してから指定先に返送します。場合によっては運営会社に書類を持ち込んで、対面契約を行うこともあります。

いずれにせよ契約書類はとても重要なので、内容間違いや誤字脱字がないようしっかりチェックしておきましょう。特に契約者と入居者が異なる場合、自分以外の名前も書くことになるため、注意が必要です。

法人契約の場合

法人契約だと申し込む会社の担当者(人事部や総務部)が手続きを行い、経理が決済することになります。個人契約と同じく「定期建物賃貸借契約書」の書類が送付されてくるため、まずは署名してから社印で捺印します。それが済んだら、会社謄本の写しと入居者全員の身分証明書と一緒に返送しましょう。

万が一トラブルが起こった際、契約時の入居者と違う人が住んでいると、保険が適用されなくなる可能性があります。そのため、入居者が入れ替わる際は、必ず運営会社に連絡しましょう。

ステップ5:料金支払い

契約手続きが済んだら、料金を支払います。マンスリーマンションの場合、基本的に「一括前払い制」です。運営会社にもよりますが、主な支払い方法は「銀行振り込み」「クレジットカード決済」「コンビニ決済」となっています。

支払い前は契約期間や料金に間違いがないか、改めて確認するようにしましょう。

ステップ6:鍵の受け渡し

料金支払いが完了したら、最後に「鍵の受け渡し」を行います。運営会社に足を運んで鍵を受け取る方法、もしくは指定した住所に鍵を配送してもらう方法が一般的です。

最近では暗証番号で開錠する「デジタルロックテンキー」も増えています。この場合だと物理的な鍵の受け渡しがないので、入居日までに暗証番号が通知されます。暗証番号を自分で設定するケースもあるようです。