名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

安・近・短の名古屋マンスリーマンション徹底比較 » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリーマンションと民泊の違いとは?

マンスリーマンションと民泊の違いとは?

マンスリーマンションと民泊の違いについて紹介していきます。

料金の違い

滞在期間1ヶ月あたりの費用の違い

滞在期間1カ月あたりの費用ですが、マンスリーマンションの賃料は借りる地域と設備、部屋の広さによってまちまちです。1カ月あたり安くて10万円前後、高くて20万円前後となっています。ただし、都市部などはさらに賃料が高い傾向があり、1カ月30万円前後で貸し出されているところもあります。

一方で、民泊の場合は、1カ月あたりの賃料に大きな幅があるので、一概に民泊だから安いというわけでもありません。安くて6~7万円で借りられるケースもありますが、一軒家や上層階にあるマンションの部屋などでは70万円以上する物件もあります。

必要な費用の違い

マンスリーマンションと民泊で暮らす時にかかる費用についてまとめました。

マンスリーマンション 民泊
保証金
なし なし
光熱費
0~1,000円/日 賃料に含むケースが多い
月額費用
10~20万円前後 6万円~
クリーニング費用
1.7万円前後 ※賃料に含むケースが多い
シーツなどリネン代
0~7,000円 ※賃料に含むケースが多い
合計
11~24万円程度 6万円~

サービスに関する違い

民泊は地元の暮らしを体験できるサービス

民泊はマンスリーマンションと違い、一般の民家に宿泊するサービスとなっています。物件所有者が旅行や出張などで物件を暫く離れなくてはいけない時に、第三者に部屋を貸し出しているのです。年に数回しか利用しない別荘、相続したけれど利用していない空き物件などを使って、民泊として貸し出している方もいます。

民泊で貸し出されているのは一般民家が立ち並ぶ一軒家だったり、地元の人が住んでいるマンションの部屋だったりするので、現地での暮らしが満喫できます。なかには、ルーム地シェアタイプの民泊もあり、現地の人との交流ができるのが魅力的だといえます。ホテルやマンスリーマンションが満室の際に、民泊をする人も多いでしょう。

入居時のマナーが悪かったり、家具や家電を傷つけたりして、ホストとトラブルとなるケースは少なくないようです。

一方でホスト側に問題があることも。例えば、借りた部屋が写真と違う、たずねたら部屋を貸してもらえなかったといった、なかには悪質なトラブルもあります。民泊をするなら、保証が充実している民泊サイトを利用しましょう。

マンスリーマンションは手軽に生活が始められるサービス

マンスリーマンションの運営会社から部屋を一定の期間レンタルするサービスです。標準設備として家具や家電、日用品などが揃えられていることが多く、入居後直ぐに生活を始められるようになっています。民泊と違うところは、必要最低限の物さえあれば滞在中に困ることはありません。

基本的にはガス・水道・電気の料金が固定になっていることが多く、料金もかさみません。また、清掃料を払っているので多少ゴミが残っていたとしても、運営会社のほうで片付けてくれます。マンスリーマンションは、建物自体が貸し出し用のマンションなので地元の人とトラブルになるようなこともありません。万が一、何かあっても対応してくれるため、気兼ねなく滞在することができます。

契約内容の違い

マンスリーマンションは契約書が必要

マンスリーマンションは運営会社がいる物件なので、借りる際には契約書や身分証の提示が必要です。未成年者が借りる場合には、親権者同意書や保護者の身分証明書の提示が求められるなど、契約までに時間がかかります。

民泊はホスト次第

民泊はホスト(家主)から守ってほしいことなどは伝えられる場合があるものの、契約書などはありません。専用サイトで予約をし、前入金しておけば当日部屋を借りられます。

ただし、民泊は、民泊専用のサイトなどを通してホストと直接やり取りが必要。また、一般の民家に宿泊することになるので、夜間に騒いでいたり、ゴミ捨てなどのマナーが守られていなかったりすると、地元住民とトラブルになる可能性もあるようです。