安・近・短の名古屋マンスリーマンションランキング

名古屋の出張や転勤の拠点として便利で格安のマンスリーマンションを利用したい

サイトマップ

HOME » マンスリー・ウィークリーマンションの基礎知識 » マンスリー・ウィークリーマンションとは?

マンスリー・ウィークリーマンションとは?

マンスリーマンションとは何か、ウィークリーマンションとは何かを解説します。どのような用途で利用されているのか、マンスリー契約とウィークリー契約は何が違うのか、わかりやすくご紹介しています。

家具家電つきのマンスリー&ウィークリーマンション

マンスリーマンション・ウィークリーマンションとは、一般的に「短期滞在型の家具付きマンション・アパート等」のことを言います。

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・ベッド等の生活に必要な家具・家電が備え付けられている他、洗剤やごみ袋、キッチン用品、バス・トイレ用品等の細かな生活備品が揃っている物件が多く、手ぶらで入居しても、当日から快適に生活を始めることができます。

オプションでさらに便利な生活用品をレンタルできるサービスを用意している仲介会社もあり、より快適なショートステイを送ることができるでしょう。

また、賃貸とは違い、2年契約等の長期的な制約が無く、敷金・礼金が必要の無い物件も多数。最短7日~、1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年等、必要な利用期間に応じて契約できるので、気軽に借りることができます。費用は、入居時一括精算の場合が多く、退去手続きもごく簡単です。

水道光熱費等の手続きは基本的に不要で、入居日から即使用可能。費用は日額が決まっていることが多いでしょう。

マンスリー・ウィークリーマンションは、ビジネスホテルと比較して相対的に費用が安いため、経済的負担が少なく、企業の出張や研修等に多く利用される他、個人では、受験時の学生さんや観光拠点として、また、海外から一時帰国時や新築時の仮住まい等、幅広い目的に活用されています。

都心の主要駅から徒歩10分圏内というアクセスの良い物件が多く、煩わしい手続きも不要のマンスリーマンションは、短期滞在者の宿泊先として、有力な選択肢の一つになるでしょう。

マンスリーマンションとウィークリーマンションの違い

短期滞在型マンションは、「マンスリーマンション」「ウィークリーマンション」などと呼ばれていて、借りる側はあまり区別してはいませんが、実は明確な違いがあります。

マンスリーは不動産業の契約に則っており、ウィークリーは、「1~2週間程度という1か月に満たない短期間」ということを理由に旅館業法に基づいて運営されています。

ウィークリーには旅館業の認可が必要ですし、マンスリーは賃貸契約になるため、賃貸業に沿って事前申込や入居審査が必要になり、場合によっては保証人が必要になることもある、という点が大きな違いです。

実際のところ、ウィークリーマンションでも1ヵ月以上の契約は可能であり、借りる側にとっては大きな違いは無いので、あまり気にする必要は無いでしょう。

 
安・近・短の名古屋マンスリーマンションランキング